今 売れてる! 高級電子タバコ        

 ユニークなサポート商品いろいろ
 ユニークなサポート商品いろいろ
 ユニークなサポート品いろいろ

2009年08月11日

火災で15万ドルの被害を出したが警報が役立つ

先週の木曜もたばこを吸いながら寝ていて火災が起きてしまったようです。

前回金曜の夜も煙草の不始末で火災が起きた記事があることを知りご紹介しましたが、世界を見渡せば本当に高頻度で起こってるように感じます。(実際にどれくらいかは調べていませんが多いのかなぁ〜?)

さて今回紹介するのは高齢の方の住むアパートで15万ドル(訳1500万円)の大被害がでたものの死者でずにみな非難できたとのことです。

高齢者がいるところで火災が起きてしまうと人的被害が起こりやすい中、こちらのアパートでは自動スプリンクラーなどの高価な装置は設置しておらず火災警報器だけでしたがちゃんと動いて知らせることが出来たのでみな非難できたとのことです。

警報機が実際に稼動することの大切さを感じさせる火災事故でした。



10年で廃棄されるものでなく、4年に1度電池を交換するだけの火災警報機。

●サイズ/径3.1×高さ6.6cm
●材質/ABS樹脂
●重さ/35g
●仕様/感知方式:煙式、警報音3種:火災時、故障時、電池切れ時、音量:70dB以上(1m)、使用周囲温度:0〜40℃(結露しないこと)
●電池/リチウム電池(付)
●電池寿命(約)/4年
●1年間保証書付
●日本製
posted by denki-tabako at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | たばこ関連の海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 今 売れてる! 高級電子タバコ
リンク集 
無害たばこ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。